FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/08 (Sun) とうがらし

securedownload.jpg
写真のようなアメをおかんにもらって、食べたときの感想を今日は話そうと思う。

私は、食べたことがないものに関してはかなり好反応を示すタイプなので、このアメに関してもそれほど抵抗感もなく食べることになった。(ちなみに、この好奇心のせいで、制裁を受けたことは多々ある。)
『しょせんアメだし、食べれんことはないだろう』
と、軽はずみな気持ちで食べたのがまずかった・・・。
口にいれてわずか1分ほどで、涙は出るわ、鼻水は出るわ、よだれだって垂れ流し状態になるのである。
味はといえば、ただただ辛い。 うまみ、コク、おいしさなんてものはこのアメに関しては求めてはいけない。
梅とうがらし茶的に、このアメにも梅味がついている。とか、べっ甲アメのようなほのかな甘みがあるんではないか、とか思ったら大間違いである。
言うなれば、一味の瓶に舌をつっこんだような味なのである。

こんなにも期待感を裏切る食材と出会ったのは初めてかもしれない・・・。
securedownload1.jpg
↑表面にも唐辛子の粉末が。
辛いのが大丈夫な人は、ぜひお試しを。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<唐突に | TOP | 作者の話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://petsu111.blog.fc2.com/tb.php/28-f7e9bb5a

| TOP |

プロフィール

生雲 教子

Author:生雲 教子
○透視・透聴・オーラ鑑定などを主に
いろいろ活動の範囲も広げています。
セミナー・個人セッション
○フリータレントです。CM・ドラマ・映画に出てます。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。